浴室リフォームをする際の価格の目安とポイント

2015-10-15

一戸建ての住宅で、浴室リフォームをする場合の中心価格帯は、およそ50万から100万円と言われています。
目安としては、50万から150万円ほどといったところでしょうか。

この金額でどの位のリフォームができるのか、事例をあげて見ましょう。

・浴室スペースを増築して広げ、介護用浴槽の付いたシステムユニットバスを設置し、入口との段差をなくして冷たく感じない床材にリフォームして、98万円、工期は約2週間。

・在来工法のタイル貼りの浴室から、魔法瓶浴槽、浴室全体の断熱材パックで暖かい浴室へのリフォームで、76万円、工期は5日間。

・浴槽をもう少し低い位置にし、出入り口の段差をなくして、滑りにくく冷たく感じない床材に、また手すりなどを設置してバリアフリーにというリフォームで60万円、工期は3日間。

いずれも金額は単独工事の場合ですので、他のリフォームと合わせて行う場合は、もう少し安くなる可能性があります。

一戸建てで浴室リフォームをする場合のポイントがいくつかありますので、お伝えしておきます。

・浴室や浴槽を断熱効果の高いタイプに変更すると、浴室が快適に感じられるだけでなく、光熱費を節約できるという効果もあります。
・「絶対にこの製品を入れたい!」といった要望がない場合は、リフォーム会社に製品を提案して貰う方がよいでしょう。
・リフォーム費用を安く抑えたい場合には、最新の製品ではなく少し前のバージョンの製品を選ぶと有効です。

また、今は匿名で複数のリフォーム会社から概算見積もりを取ることのできるサイトもありますので、そうしたものを利用して、複数の見積もりを取っておくと、最適なリフォーム会社を選ぶのに役立ちます。
1日の疲れを癒す浴室は、ご家族全員が安らげる、快適なものにしたいですね!

Copyright(c) 2012 長崎浴室・風呂リフォーム隊 All Rights Reserved.