浴室リフォーム選び

2013-07-17

浴室のリフォームを考える上では、浴槽の種類、床や壁、天井の材質、扉とドアなどの種類を知っておく必要があります。

まず最初は浴槽から説明します、大きく分けると浴槽には和式と洋式が存在します。

両者の違いは和式が深く、肩まで浸かれる設計に対し、洋式は、浅いのですが、体を伸ばして浸かる事が出来ます。

和式なら、それ程スペースは必要ありませんが、洋式だと広いスペースが必要になりますね。

その中間になるものとして、和洋折衷式、円形、半円形などの様々なバリエーションがあります。

浴槽の素材にも、沢山の種類が存在します。

保湿性と耐久性が高い繊維強化プラスチックであるFRPやステンレス、なめらかな肌触りのホーローの他に人造大理石があります。

それ以外にも、価格は高くなるのですが、ヒノキ風呂、そして、タイル張りなどの浴槽もあります。

床や壁、天井の素材としては、ユニットバスには、樹脂系の素材が多く用いられています。

耐水性と保湿性が高く、汚れも落ちやすいというメリットがあるので、手入れも楽で、多く用いられている素材です。

ユニットバス以外の浴室では、タイル、ステンレス、それに木製などの素材があります。

扉やドアには、襖や障子のような横スライド式の「引き戸」、手前に引くか奥に押す「開き戸」中間で折れる「折れ戸」があります。

材質は大きく分けてガラス、木製、樹脂があり、木製と樹脂系が価格が安いです。

ガラスはインテリアにこだわる人にはオススメで、スイッチでガラスにスモークが入るなどプライバシーに配慮した製品もあります。

ただ、ガラスは重く、価格も高くなるというデメリットもあります。


長崎で浴室のリフォームをお考えなら無料一括見積りの長崎浴室・風呂リフォーム隊をご利用ください。
価格やサービスを賢く比較できます!(見積無料)

Copyright(c) 2012 長崎浴室・風呂リフォーム隊 All Rights Reserved.