2月, 2014年

浴室リフォームを成功させるには

2014-02-13

浴室リフォームをお考えのあなた、でも、どういう風にリフォームしたらいいのか迷ってしまうし、費用も高額なので後悔してしまわないかも心配ではないでしょうか?


浴室リフォームをする時に、失敗しないようにするポイントが3つあります。

これを知っておけば、不安が解消できると思います!


【ポイント1】ヒートショック対策を行う
 「ヒートショック」という言葉を聞いたことはありませんか?
 これは、暖かい場所から寒い場所に移動した後で、血圧の急な変化が起こり、脳出血や脳こうそく、心筋梗塞などを発症してしまうという恐ろしい現象です。

冬場に、暖房の入った暖かい部屋から寒い風呂場などへいった時に起こる事があります。

ヒートショックを防ぐには、場所毎の温度差を少なくするのが有効です。
脱衣所や浴室自体を暖かくすれば、防ぐことができます。

効果的なのは、浴室暖房乾燥機を設置すること。
温風タイプや遠赤外線が出るものなど、様々な種類が発売されていますので、ご自宅に合ったものを選んで下さい。


【ポイント2】将来を考えたバリアフリーにする
 浴室リフォームはかなり高額なものですし、この先も長く使えるように、年を取った後などの将来を見据えたリフォームを行いたいものです。

まずは、手すりの設置です。

裸でぶつかれば怪我をする場合だってあります。
高齢者だけでなく、若い人でも転ぶ場合もあります。

しゃがんだり、立ったりする場所に手すりを設置するのが効果的です。

また、最近ではつまずかないような凸凹の少ない水栓金具も見かけますので、検討するのもよいと思います。


【ポイント3】15年をめどに交換する
 浴室設備の交換の目安は、15年と言われています。
在来工法の場合ですと、表面上はわからなくても防水加工が損なわれ、中の土台が腐食してしまったりすることがあります。
そうなると、工事費用が余分にかかってしまいます。
 新築から15年経過したら、交換を検討することがお薦めです。
 工期を短くしたい場合は、ユニットバスがいいでしょう。

Copyright(c) 2012 長崎浴室・風呂リフォーム隊 All Rights Reserved.