1月, 2015年

あなたにぴったりの浴室リフォームのメーカーは?~長崎浴室・風呂リフォーム隊ブログ

2015-01-15

少し前までは、浴室リフォームと言えばユニットバスであり、ユニットバスなら「TOTO」「パナソニック電工」「INAX」のトップ3が市場の過半数を占めていたものですが、最近ではその他のメーカーも40%以上を占めるようになってきています。
これは、各メーカーが独自性を高めて、選ばれるようになってきたためと思われます。

では、各メーカーにはどんな特色があるのでしょうか。
各メーカーのユニットバスの特徴を見てみましょう。

・TOTO
このメーカーの一番の売りは、「魔法瓶浴槽」です。二重断熱構造によって、冷めにくい浴槽となっており保温性が高く省エネにもなっています。
それ以外には、「ほっカラリ床」(乾きやすい床材)等があります。
価格帯は、凡そ150万円~といった所です。

・パナソニック電工
「酸素美泡湯(びほうゆ)」という、新しいタイプのお風呂のスタイルが売りです。
18マイクロメートルというごくごく小さな泡を出すことによって、お湯が白濁したように見えて肌当たりが柔らかくなり、吸水率も高まるという特徴があります。
それ以外にも「人工大理石」や「W節水シャワー」などの特徴があります。
価格帯は、94万円~といった辺りです。

・INAX
このメーカーは、インテリアに調和するデザインが特徴です。
「シック」「ハイデザイン」という事をベースに、色や素材がさまざまに選べるという事で、お部屋のインテリアとマッチした浴室を実現することができます。
デザイン面を重視する方にお薦めです。
価格帯は、132万円~といった辺りです。

・ヤマハ
ヤマハがお風呂?という意外な感じがありますが、「サウンドシャワー」というオーディオシステムが最大の特徴です。
オーディオ設備がユニットバス内に納められており、浴室内がリスニングルームになってしまうという音楽好きの方には
うってつけのスタイルです。
価格帯は、103万円~といった辺りです。

大手メーカーに限らず、各ご家庭の一番手に入れたいポイント、そこに売りを持っているメーカーを選ぶと、良い商品が見つかるのではないかと思います。

Copyright(c) 2012 長崎浴室・風呂リフォーム隊 All Rights Reserved.