4月, 2015年

浴室リフォームの3つのポイント

2015-04-19

浴室リフォームを成功に導くには、3つのポイントがあります。

1.リラックスできるお風呂タイムを

浴室は身体の汚れを落とすためだけの場所ではありません。
疲れを癒す、大切なリラックススペースでもあるのです。
機能面だけでなく、充実したリラックスタイムを過ごせるようなリフォームを考えると、満足度が違ってきます。

以前は浴室の面積は0.75坪というのが一般的でしたが、近年では1坪以上のものも増えてきました。
その差は約45cmという所ですが、1坪あれば足を伸ばしてゆっくりくつろげて、快適さがアップします。
洗面所を合わせて考え、浴室スペースを広くするというのもいい方法です。
面積が広くできない場合は、洗面所との仕切りをガラスにするとか、広い大きな窓を設置するなどの工夫で、広く感じさせることもできます。

ただし、あまり解放的になりすぎて、広い窓越しに外から浴室内が見えるようになってしまったり、という失敗談もありますので、外側からの視線にも気を付けて考えましょう。


2.浴室内では安全性に注意

浴室内は裸で入るので、服を着ていたらなんてことのない所で怪我をしてしまったりします。
水やせっけんなどによって滑りやすい場所でもあります。
扉や床の段差はなくして滑りにくい床材を使う、割れにくいガラスを用いるなど、安全面には十分に注意しておきましょう。
また、水栓金具の取り付け位置も、身体をぶつけやすい場所だと危ないので、洗い場の正面側に設置し、凹凸の少ないものを選ぶようにするとよいでしょう。


3.掃除のしやすい浴室に

今までがタイル張りの床だったとしたら、システムバスに変えると随分掃除がしやすくなります。
自動洗浄装置のついた浴槽や、ゴミが簡単に取れる排水口などを備えたものが出てきています。
風呂掃除はかがんだりごしごしこすったりと、身体の負担も大きいので、それが楽になるとずいぶん違います。

また、乾燥させる事によりカビが生えなくなりますので、浴室乾燥機の設置もお薦めです。

このようなポイントを踏まえて、ぜひ快適なお風呂リフォームを計画してみてください。

Copyright(c) 2012 長崎浴室・風呂リフォーム隊 All Rights Reserved.