6月, 2015年

最新の浴室リフォーム技術~長崎浴室・風呂リフォーム隊ブログ

2015-06-16

浴室リフォームをお考えのご家庭なら、最新のリフォーム事情はどうなっているのか気になるのではないでしょうか。

いまどきのリフォーム技術にはどのようなものがあるのか、お知らせしたいと思います。

浴室のリフォームは、古い浴室設備の解体や撤去作業など、けっこう時間がかかるものです。

ですが、お風呂は毎日入りたいもの。

なるべく短期間でリフォームを完成させたいと誰もが思うことでしょう。

最近では、プロテア工法という、短時間で浴室リフォームができる工法が出てきています。

これは、いわば、浴室を専門とした再生工法となっています。

短期間でできるので、ホテルや宿泊施設などのリフォームにも多く採用されています。

どういうものかというと、既存の浴槽や壁などの設備をなるべくそのまま活かして、再利用します。

古い浴槽などの上から、特殊な溶剤を使ってコーティングを行い、壁などには新しい化粧シートやパネルなどを貼ります。

このため、一般的に1週間程度かかる工期も、3~4日程度で済みます。

また、古い浴槽などの廃材が出ないので、環境にも貢献できるのです。

浴槽などに塗る新素材のコーティングのカラーによって、新しい色に塗り替えることもできます。

キズなどは補修されますので、まるで新品を入れたようになりますし、壁などの素材は様々なカラーの中から選べますので、見た目もぱっと一新されます。

壁などの内部は、腐食している部分やサビの部分は交換したりきちんと補修されますので、安心です。

ちなみに浴槽については、ステンレス製のものや直火炊きのものなど、塗装することができないタイプもありますので、事前に確認した方がよいでしょう。

また、あまりに劣化が進んでいる場合には、現物の調査が必要となってきます。

後々の部分的な補修も可能ですし、全国のさまざまな工務店で扱っていますので、興味の出てきた方は一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2012 長崎浴室・風呂リフォーム隊 All Rights Reserved.